FX/全般

FXチャート分析記録〜2020年11月第2週〜

どうも、FX大好きなぞうさんです。

 
こちらのブログでは

  • FXトレードについて
  • マイルを貯めるにはどのクレジットカードを持つべきか
  • マイルをお得に貯める方法
  • 毎月マイルを圧倒的に貯めることができる裏ワザ
  • 適切な資産運用について
  • 知らないと損する資産運用商品
  • 詐欺に遭わないための方法

などについて書いていますので、参考になりましたら嬉しい限りです。

さて、今週もサクッと見返してみます。

11月2日〜6日の各通貨の強弱推移

今週は注目の大統領選挙となりましたが、
まだ決着していません。
 

稀に見る大接戦となっていますが、
不正投票疑惑も叫ばれており、このまま大統領が決まらない事態が濃厚となってきています。
 

そんな中で今週はオージードルが強く推移しました。
次点でニュージードル、ついでカナダドルと資源国通貨が堅調な1週間となりました。
 

反対に圧倒的に弱かったのは米ドルです。
 

後ほど見ていきますがドル円は節目となっていた104円をようやく割りました。
 

次に弱いのが日本円であるため、今週は米ドル売り日本円売りという傾向でした。
 

ダウ指数

ダウ指数週足

先週は大きめの陰線となりましたが、
今週は先週の高値を超える陽線となりました。
 

下のトレンドラインも目安になりそうですね。
 

ダウ指数日足

日足では先週の下落から綺麗にV字回復しているのがわかります。
 

週ごとにはっきりと方向感が出ているのがよくわかりますね。
 

ダウ指数4時間足

上位足でしっかり上昇していますが、
4時間足でも押し目はほとんどありませんね。
 

年高値が近いので高値掴みも怖いので、
高値付近でのプライスアクションを見極めていくのが良さそうです。
 

日経225

日経225週足

日経平均も大きく上昇しました。
ダウ指数と比べても日経のほうが強いですね。
 

これまでは圧倒的にアメリカ株が強かったですが、
コロナの状況ではそうともならないようです。
 

このまま青天井になるとどこまで上がるかわからないため、
下手な逆張りは厳禁でしょう。
 

日経225日足

日足で見ると今週がいかに強かったかがよくわかります。
 

株価が猛烈に強い時は波乗りが吉ですね。
 

日経225 4時間足

4時間足レベルでも調整はほとんど見られません。
 

こういう時は損切りがわかりやすいところで拾っていくと良いですね。

ドルインデックス

ドルインデックス週足

米ドルがずっと弱かったため、当然ドルインデックスも大きく下落しています。
 

年最安値を更新するかもしれませんね。
 

ドルインデックス日足

大統領選開票がスタートした11/3を過ぎてから下落が加速しました。
 

金曜日も雇用統計などありましたが反発することなく下落しています。
 

ドルインデックス4時間足

週半ば以降の下落が著しく、押し目も作りませんでした。
 

ドル安基調が変わる気配はなく、基本的にはドル売りに乗っていきたいところです。
 

ドル円

ドル円週足

強いサポートとして昨日していた104円のサポートラインを下抜けしました。
 

103円に迫るくらい下落をし、雇用統計では一旦上に振れましたがそれも一時的でした。
 

103円を下抜けすると本当に100円が見えてきます。
 

ドル円日足

大統領選の開票がスタートした当日(水曜)は大きな上髭をつけていますが、
それが勢いとなり大きく下落しました。
 

ドル円4時間足

雇用統計で反発したものの、
フィボ23.6%もしっかり上抜けすることすらできませんでした。
 

下手な逆張りは入れられませんので、
順張りで戻り売りをするのが吉でしょう。
 

ユーロドル

ユーロドル週足

陽線と陰線を続けてつけています。
 

レンジと言えばレンジですが、
上下に激しく動いている展開です。
 

ユーロドル日足

ユーロが買われたというよりも、
ドルが売られた動きで上がっています。

ドル円と比べると対照的なのがわかります。
 

ユーロドルもドル主導の動きになっているため、
基本的にはロングをしていきたいところです。
 

ただ、1.20の壁は厚いでしょうから、そこは節目に考えられます。
 

もちろん、1.20を上抜けした場合は青天井でしょう。
 

ユーロドル4時間足

ジェットコースターなのがよくわかりますね。
 

ユーロ円

ユーロ円週足

今週は陽線となりましたが、先週の下げ幅から考えると弱い反発となっています。
 

ユーロ円日足

123円を何度かトライしましたが、
全部ヒゲで返されています。
 

欧州ではコロナ再拡大が著しく、ユーロも弱い基調となっています。
 

ドル円に加えユーロ円も基本的には戻り売りスタンスでしょう。
 

ユーロ円4時間足

4時間足では大きな動きがありませんが、
ここで再度下落するとみんな大好き三尊形成となります。
 

ユーロポンド

ユーロポンド週足

ユーロポンドは目立った動きがありません。 

ユーロポンド日足

日足についてもはっきりしない動きですので、
ユーロポンドは引き続きスルーです。
 

ユーロオージー

ユーロオージー週足

ユーロオージー日足

日足ではサポートのトレンドラインで綺麗に反発しました。

基本的にはロングを拾っていきたい通貨ペアですが、
ユーロのコロナ懸念によっては下抜けもありそうです。
 

様子を見ながらRRが良いところでLを拾いたいです。
 

豪ドル円

豪ドル円週足

今週は陽線をつけました。
 

ただ、戻り高値まではまだ遠い状況です。
 

豪ドル円日足

日足では75.5円で反発されているのがわかります。
 

まだ下落トレンドラインを抜けきっていないので、
ここで下に行くとまた下落基調になりそうです。
 

まとめ

全体的にドル安基調は依然として変わりません。
 

むしろ大統領選を経てなお加速していますね。

こういう時の逆張りは厳禁なので、
あくまで順張りで波乗りするようなスタンスでいきたいと思います。